WEBサイト制作で知っておきたい費用の内訳を公開!

投稿者:Webマーケティング部

2017/05/22 13:56

この記事は約4分で読むことができます。

◆無料から高額なものまで、、、WEB制作費って一体?

こんにちは。WEBディレクタ―の森下です。

今やWEBサイト制作も無料で自分で簡単に作れてしまう時代。
かと思えば、こんなにかかるの?!なんて驚愕してしまう費用の場合もあるかと思います。
じゃあ一体WEB制作費用って何なの?と疑問に感じられている方向けにWEBサイト制作費用の内訳をお教えします。

◆WEBサイト制作費の内訳

実際に弊社のWEBサイト費用にかかる内訳は大きく分けると下記の通りです。

・ディレクション費
・コンテンツ制作(原稿作成)費
・デザイン費
・システム構築費

会社によって金額が異なるのは上記の内容がWEBサイト制作費に含まれているのかどうかによると思います。

◆内訳をきちんと確認しましょう。

例えばよくあるのは
・コンテンツ制作(原稿制作)費
が含まれていないパターン。

原稿を提出していただくのか、WEBサイト制作会社側でライターが作成するか。

ここでポイントとなってくるのが、
「SEOは気にしているのか?」です。

サイトのコンテンツはSEO対策に非常に紐づいています。
どういった検索キーワードで上位に表示させたいのか?をベースにコンテンツを決めるのか否かで大きく表示結果が変わってきます。

「特にSEOは気にしておらず会社案内になればいい」という方であればコンテンツ制作(原稿作成)費は含まれていなくてもよいかもしれないですね。

◆デザインもSEOに関係する?!

またデザインも最近ではSEOに関連してきています。

「モバイルフレンドリー」という言葉を聞いたことがございますでしょうか?

「モバイルフレンドリー」とはGoogleが発表したアルゴリズムで、WEBサイトのデザインがスマートフォン対応しているのか否かで検索順位を上げ下げするという仕組みです。

いまやスマートフォン普及率は70%以上。
パソコンよりもスマートフォンで閲覧する方が多いのではないでしょうか?
そのため、ユーザ―にとって使いやすいサイトかどうかを重視しているGoogleは上記のように発表しています。

SEOを気にされている方はお見積り時にこちらもチェックしましょう。

◆ユーザーにとって使いやすいサイトなの?

SEO対策以外においてもサイトに訪問したユーザーにとって見やすいサイトなのか?
知りたい情報がきちんと配置されてあるのか?そもそもどういった属性のユーザーが訪れるのか?

等、サイトから売上を上げたい場合には戦略的にサイトを構築していく必要があります。

その際に必要となってくるのが私たちディレクタ―です。

◆ディレクタ―とは?

お客様の価値を最大限に引き出し、ユーザーにとって魅力的なサイトにすることが私たちの使命であり、任務です。

お客様と共に考え二人三脚でサイト構築を行っています。

弊社がお取引させて頂いているお客様の大半が中小ベンチャー企業様です。
なかには「自分たちの魅力・価値が何なのか分からない」という方も多くいらっしゃいます。
そういった企業様の場合は一緒に価値を創造していくブランディングから始めることもございます。

フリーセルはお客様の課題やニ―ズに合わせ、臨機応変に対応できるよう様々なサービスをご用意しております。

◆まとめ

WEBサイト制作費の内訳は企業によって異なるものです。
「簡単に費用も時間もかけずにWEBサイトを制作したいのか?」
「SEO対策をしっかり行い露出を上げたいのか?」
「ユーザーにとって魅力的なサイトにしたいのか?」

何を最優先に考えるかによってWEBサイト制作費は大きく異なると思います。

自分のニーズに合ったWEBサイトをしっかり制作してくれる会社を見つけましょう。

【編集担当:森下】