noindexとnofollowって何が違うの?SEOの効果も解説します

投稿者:セールスマーケティング部

2018/08/06 19:25

この記事は約5分で読むことができます。

こんにちは。SEOチームの片岡です。
今回は、noindexとnofollowの違いや使い方について解説していこうと思います。
呼び方は似ていますが、意味や使い方には違いがあるので、SEO勉強中の方や初めて聞いた方はしっかり理解しておきましょう。

noindexとは?設置方法まで教えます

noindexとは
noindexとは、クローラーからインデックスされたくないページに使うもので、noindexが設定されていると検索結果に表示されなくなります。

noindexはメタタグの中の一つで、ページのhead内に記述します。
記述方法としては、インデックスさせたくないページのhead内に以下の記述を追加するだけになります。

<meta name="robots" content=“noindex” />

noindexとSEOの関係について

noindexを行うことによってSEOにどのような効果をもたらすのかというと、サイト全体の評価を高める効果が期待できます。

noindexは、内容の薄いページや会社概要などの一般的にはあまり見られないページに使うことが多いです。
内容の薄いページが1つあるだけでサイト全体の評価が悪くなることもあるため、そのような質の悪いページをnoindexすることで、質の高いページのみに評価が集まり、上位表示しやすくなります。

一般的にnoindexするページとしては、以下のページがあります。

・会社概要       
・お問い合わせページ  
・プライバシーポリシー 
・特定商取引法上の表記 
・自動生成ページ    

などが挙げられます。
上記は、サイトに必須なページですが、評価が高いページではないため、noindexを使って検索結果に表示されないようにしておきましょう。

質の高いページがわからない方は以下の記事をお読みください。
URL:Googleの定義する、質の高いコンテンツって?

nofollowとは?設置方法まで教えます

nofollowとは
それでは、nofollowについて解説していきます。

nofollowとは、設定しているページのリンク先にたどらないようにクローラーに指示する際に使います。
そのため、設定ページのSEOの評価をリンク先に受け渡さないようにする役割もあります。

設置方法としては、大きく二つあります。

・特定のリンクに設定する方法 
・メタタグに設定する方法      

特定のリンクに設定する方法

設定したいリンクに、rel=”nofollow”と記述するだけです。

例として弊社のサイトに設置するとどうなるか考えてみましょう。

・現状
 <a href="http://www.web-consultants.jp/column/5676/"SEOで最も重要かも!?ドメインパ
ワーのチェック方法や上げる施策を教えます!
・nofollow設置例
”<a href="http://www.web-consultants.jp/column/5676/“rel=”nofollow”>SEOで最も重要か
も!?ドメインパワーのチェック方法や上げる施策を教えます!

以上のようになります。
特定のリンクを指定する場合の方が利用することは多いかと思いますので、忘れないようにしましょう。

メタタグに設定する方法

nofollowもメタタグに記述する方法があり、head内に記述することでページ全体のリンク先をたどらないようにクローラーに指示することができます。

具体的な記述例としては以下の通りになります。

記述の仕方がnoindexと似ているため、間違えて覚えてしまう方も多いかもしれませんね。

nofollowとSEOの関係について

nofollowをSEOに効果的に使用する方法として以下の3つが挙げられます。

・信頼性のないコンテンツへのリンク          
・有料リンク                     
・クロールを最適化して重要ページの評価を上げたい時  

信頼性のないコンテンツへのリンク

リンクは貼りますが、リンク先が信頼できないコンテンツである場合に使用します。

具体的には、サイトを紹介するときなどに、悪い参考例として有料広告が目立つサイトや悪質なスパムサイトを紹介するとします。
普段通りリンクを貼ると、クローラーからリンク先を支持していると解釈されてしまうため、nofollowを使ってリンク先にクローラーがたどらないように設定しましょう。

有料リンク

有料リンクとは、検索順位を上げるためにリンクを購入することやコンテンツ内に広告用のリンクを設定して金銭を得るものがあります。

Googleは、SEO効果を受け渡すリンクの売買を禁止しているためペナルティを受ける恐れがありますので、リンクを受ける側、リンクを貼る側どちらの場合でもnofollowを設置することが望ましいでしょう。

クロールを最適化して重要ページの評価を上げたい時

nofollowはリンク先をたどらなくなるため、必要だけどSEOなどの評価には重要ではないページ(ログイン画面のページや注文・お問い合わせフォーム)へ設定しましょう。

その代わりに、重要なページに優先的にクローラーが巡回するため、評価が上がりやすくなります。

noindexとnofollowの違い

ここまで、noindexとnofollowについて解説してきましたがご理解いただけたでしょうか。

ページ全体にクローラーをたどらせず、検索結果に表示させないようにするのがnoindex
リンク先にクローラーをたどらせず、ページの評価を渡さないようにするのがnofollow
というのを覚えて頂けるとわかりやすいと思います。

noindexもnofollowどちらもクローラーを制限することができ、使い方によってはSEO
に効果的なものになります。

サイト内に入れるのは簡単にできるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。
弊社でもご相談いただければサイト分析も行っているのでご検討よろしくお願いします。

SEO

コンテンツマーケティング