メールマーケティングセミナー「カスタマー(顧客)ロイヤリティーを高める・ ファンを育てるための メルマガ配信活用セミナー 【入門編】」のご紹介

投稿者:Web戦略室

2017/08/29 13:54

この記事は約2分で読むことができます。

メールマーケティングセミナー「カスタマー(顧客)ロイヤリティーを高める・ ファンを育てるための メルマガ配信活用セミナー 【入門編】」開催レポート

マーケティング戦略課の河島です。

以前、開催しましたメールマーケティングセミナー「カスタマー(顧客)ロイヤリティーを高める・ ファンを育てるための メルマガ配信活用セミナー 【入門編】」の紹介をさせていただきます。

当日の登壇で使用したスライド資料を解説音声付きで動画にしましたので、よろしければご覧ください。

画一的なメール配信からメールマーケティングへ

メール購読者に対して同じ内容を配信するメールは、見込み客や顧客などのライフサイクル毎に異なるニーズをフォローすることは難しく、メール受信者にとっては不要なメールを送っていることにもなりかねません。かといって、属人的な対応にも物理的な限界があります。

メールマーケティングは、それぞれのニーズに対して最適なメールを配信するマーケティング手法で、近年ではこのメールを活用したマーケティング活動が見直されてきています。

また、メール配信を使って自社と見込み客や顧客との接点(タッチポイント)を増やすことは、ターゲットに「リーチ」するだけではなく、「データを収集」する役割も持ちます。

現在の顧客のニーズがわからなくても、収集したデータを元にメールマーケティングへと発展させて、一人ひとりのニーズに適したOne to Oneマーケティングの実現を目指しましょう。

このセミナーでお伝えしたこと

詳しくは、動画をご覧いただくのが良いですが、要点としては以下をお話させていただきました。

このセミナーでお伝えしたこと

セミナーでお話した内容を動画でご紹介

当日のスライドに音声解説をいれた動画をご用意いたしました。スライドをじっくり見る時間がないという方にも、動画をご覧いただくだけで内容がわかるようにいたしました。
※一部、現在の状況とは違う箇所があります。HubSpotの正規代理店ではなくなりました。

メールを活用し、自社サイトへの接点を増やして集客UP!

Webでの検索はユーザーの能動的な行動ですが、メールは情報発信者が起点になってユーザーに活動を促せるチャネルです。ユーザーに自社の存在を忘れられずに、ずっと覚えてもらえるように有益な情報を提供し、ユーザーの信頼を獲得していきましょう。

【編集担当:河島】