URLパラメーターをメールマーケティングに活用しよう

投稿者:Web戦略室

2017/08/24 17:30

この記事は約4分で読むことができます。

URLパラメーターをメールマーケティングに活用しよう

マーケティング戦略課の河島です。

メールからWebサイトに遷移してからの行動を追えていますでしょうか?

URLパラメーターを活用すれば、その効果をGoogle Analyticsで確認することができます。

どのメールのどのリンクがコンバージョンに繋がりやすかったのか、またはダメだったのかがわかるとメールを改善することができ、より良いメールマーケティングをしていきましょう。

URLパラメーターとは

WebリンクのURLの末尾に追加される「?」から始まる文字列のことで、任意の指標に対して値が設定されたものになります。これにより、同じリンク先でもどのような意図のリンクなのかがわかります。

URLパラメーター

具体的な活用シーン

メールのURLにパラメーターを仕込んでおくことで、GoogleAnalyticsでメールからの流入であることや、いつ配信したメールのどのリンクからの流入なのかなど後で知りた内容を設定することができます。

メールツールでもクリックはわかるのでは?

その通りです。メールツールにもよりますが、「どれだけクリックしたか」や「誰がどのリンクをクリックしたか」などがレポートで確認できます。これまでコラムで紹介したベンチマークは「誰がどのリンクをクリックしたか」がわかります。しかし、どのユーザーが最終的な目標を達成したが(コンバージョン)したかわかりません。

URLパラメーターを使えばGoogle Analyticsでどのメールが効果があったのかがわかるようになります。

パラメーターの設定方法

GoogleAnalyticsで利用できるパラメーターの種類はあらかじめ決まっており、以下の5種類があります。

utm_source

Webサイトへ誘導した広告主、サイト、出版物、その他を識別します(Google、ニュースレター、屋外広告など)。

utm_medium

広告メディアやマーケティング メディアを識別します(CPC 広告、バナー、メール ニュースレターなど)。

utm_campaign

商品のキャンペーン名、テーマ、プロモーション コードなどを指定します。

utm_term

検索広告のキーワードを特定します。検索広告キャンペーンにタグを設定する場合は、utm_term を使用してキーワードを指定することができます。

utm_content

似通ったコンテンツや同じ広告内のリンクを区別するために使用します。たとえば、メールのメッセージに行動を促すフレーズのリンクが 2 つある場合は、utm_content を使用して別々の値を設定し、どちらが効果的か判断できます。

引用:パラメーター(アナリティクス ヘルプ)

パラメーターの生成ツール

このパラメーターを設定するのに便利なパラメーター生成ツールがあります。このツールを使っておけばタイプミスなどが防げるので出来るだけ利用した方が良いでしょう。

パラメーター生成ツール

Google Analyticsでの確認

メールマーケティングでは検索広告のキーワードは関係ないのでutm_term以外の、utm_source・utm_medium・utm_campaign・utm_contentを使えば良いでしょう。また、全てを使う必要もありません。

以下はGoogle Analytics管理画面での確認方法の一例です。

集客から「参照元・メディア」

集客から「参照元・メディア」

集客から「すべてのキャンペーン」

集客から「すべてのキャンペーン」

セカンダリディメンションで「広告のコンテンツ」

セカンダリディメンションで「広告のコンテンツ」

コンバージョンの概要から「参照元・メディア」

コンバージョンの概要から「参照元・メディア」

コンバージョンのアシストコンバージョンから「参照元・メディア」などの全ての指標

コンバージョンのアシストコンバージョンから「参照元・メディア」などの全ての指標

メールマーケティングでのURLパラメーター活用まとめ

ベンチマークなどのメールツールのレポートの機能は優秀ですが、Google Analyticsも活用することで、「メールからWebサイト」の効果を計測することができます。どちらも活用することでより良い改善につながりますので、まだURLパラメーターを活用されたことがない方は是非チャレンジしてみて下さい。

【編集担当:河島】