【HubSpotアップデート】 12月のHubSpotアップデート一覧

投稿者:Web戦略室

2017/01/11 15:15

この記事は約5分で読むことができます。

HubSpot Update

こんにちは、マーケターのAsamiです。
新年明けましておめでとうございます。
本年も、このデジタルマーケティングブログを宜しくお願い致します。

皆さま、今年のお正月は如何お過ごしでしたでしょうか?
私は、自分の部屋を大掃除しました!!10数年間置きっぱなしだった、ランドセルを処分しました!!w
今まで捨てられずに置いてありましが、今回思い切ってランドセル含め色々断捨離をして、部屋も心もスッキリしました。

さて、2017年1発目のブログは、20161年12月のHubSpotアップデートをご紹介させて頂きたいと思います。

マーケティングオートメーション(HubSpot)のデモ動画の視聴と資料がこちらからダウンロードできます。

目次

1. コンタクトレコードのデザインが新しくなりました
2. ワークフローの新しいインターフェイスがリリース
3. 全てのコンタクトスクリーンとリストのデザインがアップデートされました
4. メールの購読解除プロセスのアップデート
5. 最後に

1.コンタクトレコードのデザインが新しくなりました

2017年1月2日から、全てのHubSpotポータルが新しいデザインになります。

何が新しくなるかと言うと…
・HubSpot CRMと統一されます。全てのHubSpotの中で、1人のコンタクトレコードは、1つしか存在しません。

・ローディングする時間が改善されました

・コンタクトのタイムラインに簡単にアクセス出来るために、最も重要なコンタクトフィールドが画面の左手に移りました。企業とコンタクトの全ての交流履歴を探すためにスクロールする必要がなくなりました。

・電話を取る、1回限りのメールを送る、ノートを書く、ミーティングをスケジュールする等のアクティビティの記録をタイムラインに残します。

・コンタクトレコードのサイドバーに取引と企業情報を簡単に見ることが出来ます。

・あなたにとって最も重要な情報を編集することが出来ます。もし、Salesforceの同期情報があなたにとって最も重要な項目なのであれば、それと一番上に持ってくる事が出来ます。

2.ワークフローの新しいインターフェイスがリリース

チームの大きさによっては、オートメーションは複雑になることもあります。そこで今回、リアルタイムでマーケティングオートメーションを計画するための新しいインターフェイスがリリースされました。

新しいデザインになって事で、以前よりパーソナライズされたワークフローをつなぎ合わせる事が簡単に出来るようになりました。

何が新しくなるかと言うと…
・枝分かれロジックを可視化する
1つのキャンパスに枝を描いていきましょう。特定の部分を最適化刷るためにズームインする事が出来、全体的な視点で全てのキャンペーンを見るためにズームアウト刷ることが出来ます。

・簡単に学べ、使える
新しいインターフェイスやオートメーションは、簡単に設定することが出来ます。そして、短時間で新しいチームメンバーに教育する事ができます。

・簡単に共有出来る
新しいデザインは、CEO・CMO・営業マンに対してより見やすくなっています。新しいワークフローは、HubSpotのProfessionalプランかEnterpriseプランを使っている方が対象です。

・早く作成出来る
ローディング時間が改善されました。ワークフローの最も重要な要素は、新しいインターフェイスでは、平均してほぼ半分の時間で読み込むことが出来ます。

3.全てのコンタクトスクリーンとリストのデザインがアップデートされました

全てのコンタクトとリストというものは、データベースにあるコンタクトを理解するための本部のようなものです。その他のHubSpotプラットフォームとの一貫性と、簡単に使う事が出来るツールを作る事を目的に、このコンタクトとリストの2つのスクリーンの新しいデザインにすべく取り組んできました。

2017年1月4日から全てのHubSpotポータルは新しいデザインに変更されます。機能的な麺では、ほぼ変更はありません。

何が新しくなるかと言うと…
・新しいデザイン
新しいデザインは、より広々としており、より最新的なものとなっています。そして、見やすく、楽しく使うことが出来ます。

・その他のHubSpotポータルとの一貫性
お気づきかと思いますが、マーケティングダッシュボードからCRMに至るまでHubSpotポータルは新しいデザインに変更していっています。

・CRMとの統合
もし、HubSpotのマーケティングとCRMの両方を使っていたら、両方のツールを跨いで全てのコンタクトのスクリーンは一致することになります。

・ドラッグ&ドロップ欄
あなたのビジネスにとって最も重要な欄を追加し、優先順位付けしていきましょう。

4.メールの購読解除プロセスのアップデート

マーケティングメールの購読解除は、CAN-SPAMのような規則に則って必要とされます。しかし、転送メールやウィルス対策ソフトやファイヤーウォールソフトによって誤って行われた購読解除は、メール配信に影響を及ばします。結果、HubSpotから送ったメールの購読解除のプロセスを更新することにしました。

メール受信者に確認ステップを食われることで、購読解除プロセスを解決しました。誰かがメールにある購読解除リンクをクリックした時、全てのメーリングリストから自動的に除外される代わりに、購読解除の意思確認をするページに飛びます。

意思確認をした後は、購読解除の確認ページに飛びます。

これでウィルス対策ソフトやファイヤーウォールソフトによって誤って行われた購読解除の減少になるでしょう。2016年12月22日から開始し、数週間で全ての顧客に対応します。

5.最後に

これで、「【HubSpotアップデート】 12月のHubSpotアップデート一覧」についてご理解頂けましたでしょうか?
気になる点等何かあればFacebookにコメントを頂ければと思います。
これからも、このブログを読んで頂ければ嬉しいです。
よろしくお願い致します。
マーケターAsami
Facebook
https://www.facebook.com/freesale/

マーケティングオートメーション(HubSpot)のデモ動画で疑似体験ができる!

【編集担当:Asami】